一般財団法人松江ツーリズム研究会基金

第1回松江ツーリズム研究会観光大賞 表彰式 ≫
『第1回 松江ツーリズム研究会 観光大賞』決定しました!!

1.松江ツーリズム研究会観光大賞 受賞団体

受賞団体

特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい(松江/山陰バリアフリーツアーセンター)
*特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい
代表理事:田中隆一
所在地:松江市北堀町35-14
*松江/山陰バリアフリーツアーセンター
代表者:川瀬篤志
所在地:松江市雑賀町227番地

取り組み内容

障がい者の観光客への旅行支援の取り組みとして、人的ガイドサポート、バリアフリー情報の提供、観光バリアフリー環境整備、バリアフリー研修などを実施している。

※受賞者の、これまでの活動実績などについては、表彰式の場において受賞者から発表していただきます。

受賞理由

観光地で高齢者・障害者を積極的に受け入れるべく、旅行者の立場に立った受け入れ施設の取り組みが評価されました。

※選考理由・選考過程の詳細については、表彰式の場において選考委員長が発表いたします。

2.松江ツーリズム研究会観光大賞とは

本表彰制度は、一般財団法人松江ツーリズム研究会基金が、県下の地域における観光振興及び活性化の取り組みに功績があり、他の地域の模範となる団体又は個人を表彰し、副賞金として100万円を授与するもので、今年度が第1回目の観光大賞です。

3.表彰式

設立経緯

1990年代の後半から観光客のニーズが多様化・高度化し、旅行スタイルも大きく変化してきました。

このような中にあって、着地型観光を推進することによって松江市の観光振興に貢献することを目的としたNPO法人松江ツーリズム研究会を平成17年10月に設立、平成18年4月からは松江城、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、武家屋敷、興雲閣、カラコロ工房などの観光施設の指定管理者として12年間、これら施設の管理運営に当たってきました。

一方で、平成19年10月には、松江城二の丸下の段に「観光案内所」を設置し、ここを拠点として着地型旅行の企画・販売に取組んできました。

しかし、30年3月31日もって松江城、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居及び興雲閣等の指定管理業務及び松江ゴーストツアー等の着地型観光事業も終えることになりました。

これを機に、NPO法人松江ツーリズム研究会がこれまで12年間で蓄えた利益剰余金を島根県の観光分野で貢献した方々に還元することとし、この度、利益剰余金を拠出して非営利型の新しい法人「一般財団法人 松江ツーリズム研究会基金」を1月22日に設立しました。


一般財団法人 松江ツーリズム研究会基金
理事長 山本素久

目的

当法人は、島根県の観光振興及び地域の活性化に尽力、貢献し、その功績が顕著であった団体・個人を顕彰し、もって島根県の観光と地域の発展に寄与することを目的とします。

事業内容

目的を達成するため、次の事業を行います。

松江ツーリズム研究会観光大賞を贈り表彰する事業。

その他、当法人の目的達成のために必要な事業。

お知らせ

2018年7月2日 new!
  • 4月2日より開始しました『第1回 松江ツーリズム研究会 観光大賞』の募集を終了しました。多くのご応募ありがとうございました。審査結果のお知らせと表彰は今秋を予定しております。
  • 次回『第2回 松江ツーリズム研究会 観光大賞』の募集は、2019年(平成31年)4月1日(月)から2ヶ月程度を予定しています。
2018年3月23日
4月2日より『松江ツーリズム研究会 観光大賞』募集します。

お問い合せ