おもな陳列品

刀箪笥(かたなたんす)【当主居間】
写真上中級武士はこの中に刀剣を多く蔵し、事あるときに家来にもたせるために備えた。
熨斗目着物(のしめの着物)【当主居間】
写真裃(かみしも)の下に着用する正式の式服で、腰に一文字の染抜きがある。
化粧道具【奥方居間】
写真丸鏡を鏡台にかけ、油・おしろい・かんざし櫛などを入れた化粧箱をそなえている。
お歯黒道具(おはぐろどうぐ)【奥方居間】
写真既婚の妻女はすべて歯を黒く染める風習があり、鬢盥(びんだらい)を中心に各種の小道具があった。
長屋門(ながやもん)
写真長屋門は武家屋敷の特徴のひとつで、中間(ちゅうげん)の住居としても使われていた。道路側には物見窓があり、外部に対する防備のひとつとなっている。
その他
写真槍、薙刀(なぎなた)、刀類、脇息(きょうそく)、煙草盆(たばこぼん)、火鉢類、衣桁(いこう)、行灯(あんどん)、燭台類、食籠(じきろう)、祝膳など食器類、大茶壷など台所用具、糸繰り等雑具写真

  • 松江城
  • 小泉八雲記念館
  • 小泉八雲旧居
  • ぶらっと松江観光案内所
  • カラコロ工房
  • おもてなしガイドツアー

▲ページの先頭へ戻る