興雲閣

お知らせ NEWS

興雲閣の写真・資料・設計者に関する情報を探しています

興雲閣古図面「工芸品陳列場正面図」(松江市蔵)

興雲閣古図面「工芸品陳列場正面図」(松江市蔵)

興雲閣は、松江城内の二之丸月見櫓跡付近にあります。松江市が松江市工芸品陳列所として建てた建物で、明治35年(1902)12月に着工し、翌36年(1903)9月に完成しました。
当初、明治天皇の行在所に使用する目的でつくられたため、装飾・彫刻を多く用いた華麗な仕上げとなっています。結果的には天皇の巡幸は実現しませんでしたが、明治40年(1907)、皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰道行啓にあたって、同年5月22日から25日まで御旅館となり、迎賓館としての役割を果しました。
その後、正面の階段が奥に移動するなどの大改修は行われましたが、ほとんど改変されずに今日まで保存されており、当時の建築を知る上で大変貴重な建物です。

松江市では興雲閣の歴史について調査しています。
昔の興雲閣について、写真・絵ハガキ・設計者に関する情報・関わった方の関係資料等ありましたらまちづくり文化財課(TEL0852-55-5294)までご連絡をお願いします。

2015年10月3日