かわたれ通信

2015年8月1日
小さなヘルンさんたち

記念館
記念館

旧居
旧居

「子ども塾 スーパーヘルンさん講座」が今年も開講しました。
ハーンが最も大切にしていた「五感」を子供たちに様々な体験を通して感じ、磨いてもらいたいと始まったこの講座も今年で12回目。

昨日は小泉八雲記念館、旧居を塾長の小泉凡先生の案内で見学。
熱心にメモしたりスケッチをしたり・・・
旧居の庭ではカナヘビがカエルを狙っている場面に遭遇した子ども達もいて、盛り上がっていました。

今年のテーマは「子どもヘルン八景」。松江の情景がどんな八景になるか・・・楽しみです。
記念館のFacebookにもたくさん写真がアップされていますので見てください。

2015年6月20日
2015企画展 はじまりました


アイルランド時代にハーンが使用した勉強机
アイルランド時代にハーンが使用した勉強机

お待たせいたしました。
本日、6月20日(土)より2015年度の企画展が始まりました。
タイトルは「ラフカディオ・ハーンとアイルランド 記憶のはじまり」。

ハーンの心の奥底で一生つきまとうことになるアイルランドでの体験と記憶。アイルランド時代にかかわった人々や恐怖体験、またケルト口承文化との出会いなどアイルランドで過ごした幼少期に焦点をあてた展示です。

ハーンがアイルランド時代に使っていた机や、彼の没後に発見された自伝的遺稿「カズン・ジェーン」の直筆原稿など約20点を展示。7歳の時に一度会い、その後会うことが出来なかった実の弟ジェイムスへの手紙もパネル上で紹介しています。是非ご来館ください。

また、今月アイルランドではウォーターフォード県のトラモアという小さな町に「小泉八雲庭園」がオープンすることになり、10月にはダブリンで“The Open Mind of Patrick Lafcadio Hearn”という展覧会が開催されることが決まりました。

今年はハーンを通してアイルランドに注目の年になりそうです。

2015年4月2日
見頃です


大庭の音石
大庭の音石

音石と源助記念碑
音石と源助記念碑

4月に入り、昨日(1日)は一日中雨模様でしたが今日は一転、良いお天気になりました。
松江市内もあちらこちらで桜の花が見頃を迎えています。

松江大橋の南詰にある大きな桜の樹もご覧の通り。
明るい陽の下で見る桜もいいですが、夜はライトアップされまた違う美しさがあります。

この桜の樹のある公園内に大きな石があります。
横長のまるでベンチのような石ですが・・・「大庭の音石」と言われているものです。
ハーンは『知られぬ日本の面影』の中で叩くと鐘のような音がする石で、一定距離以上運ぶことが出来ないものだと書き記しています。
昔、松平の殿様がお城まで運ぼうと命じたけれど、突然重くなり松江大橋から先へ運ぶことが出来なかったそうです。

ここには松江大橋架橋の際に人柱となった源助の記念碑もあります。
お花見を兼ねてお出掛けになってはいかがでしょうか。

「大庭の音石」は『知られぬ日本の面影』の中の「八重垣神社」に、人柱になった源助の話は「神々の国の首都」に著されています。

2015年3月22日
池の中で春発見!

旧居の紅梅
旧居の紅梅

わかりますか?
わかりますか?

ジャジャーン!
ジャジャーン!

松江はここのところ暖かい日が続いています。
旧居の紅梅も満開、そしてボケの花も少しずつ咲き出し、旧居の庭も春の表情に変わってきました。

北側の庭にある池を覗いてみると・・・何か渦巻き状になったものが・・・
これカエルの卵では・・・!?
旧居には数種類のカエルがいますが、これはどうもヒキガエルの卵のようです。
管状の透明なブヨブヨしたものの中にオタマジャクシの姿がたくさん見られます。

ハーンは『知られぬ日本の面影』の「日本の庭」の中で、この家の池に棲んでいるカエルについて著しています。
ヒキガエルはお客がいても図々しく家の中に入ってくるというエピソードや、このカエルの化け物が息を吸うと人間を吸い込んでしまう伝説があることなどを紹介しています。

ゴールデンウィーク頃になるとカエルの合唱隊の出番です。
今まで何度も言っていますが、旧居で耳にするカエルの鳴き声は録音したものではなくリアルですからね!

2015年1月17日
20年


阪神・淡路大震災から20年。その年(1995年)に生まれた人たちが今年成人になるんですね。

今朝の朝日新聞に兵庫県立図書館(明石市)で開催中の「ふるさと防災特別展示」を紹介する記事が載っていました。
「未来にツタエル」をテーマに小泉八雲、筑紫哲也などが発信したメッセージやゆかりの品々を通して今の人々、そして未来の人々に伝えたいこと、伝えなければならないことを紹介しています。
この催しには小泉八雲記念館からも八雲のスーツやキセルなど数点の資料を出品しています。八雲の“こころ”、“メッセージ”を感じとっていただきたいと思います。
(平成27年2月18日・水まで開催しています)

今日だけでなく日頃から防災について考えることも大切ですね。

ページの先頭へ戻る

カウンター