小泉八雲の生涯

嘉永3年(1850)6月27日ギリシャのレフカダ島(リューカディア)でアイルランド人の父と、ギリシャ人の母との間に生まれる。

2歳の時、アイルランドのダブリンに移るが、まもなく父母の離婚により同じダブリンに住む大叔母に引き取られた。イングランドの神学校に在学中、16歳のときに左眼失明、父の病死、翌年に大叔母の破産など不幸が重なり退学する。その前後にフランスでも教育を受けた。

19歳でアメリカへ渡り、24歳のとき新聞記者となる。そして外国文学の翻訳、創作を発表して文才をみとめられハーパー書店の寄稿者となった。

明治23年(1890)39歳のとき記者として来日。その後まもなく、帝国大学(東大)のチェンバレン教授や文部省の紹介で、島根県尋常中学校及び師範学校の英語教師となる。ここでは、籠手田知事、西田千太郎などの知己を得たこともあって、松江の風物、人情が大変気にいった。そして、武家の娘小泉セツと結婚し武家屋敷に住んだ。

しかし、冬の寒さと大雪に閉口し、1年3ヶ月で松江を去り熊本第五高等中学校へ移り、さらに神戸クロニクル社、帝国大学文科大学(東大)、早稲田大学に勤務した。また日本の伝統的精神や文化に興味をもった八雲は、多くの作品を著し、日本を広く世界に紹介した。

明治37年(1904)9月26日、狭心症のため54歳で逝去した。法名「正覚院殿浄華八雲居士」。

著書
「飛(ひ)花落葉(からくよう)集」「中国怪談集」「チタ」「ユーマ」「仏領西印度の2年間」「知られぬ日本の面影」「東の国から」「心」「仏の畑の落穂」「異国情緒(じょうちょ)と回想」「霊の日本」「日本雑記」「日本のお伽噺(とぎばなし)」「骨董(こっとう)」「怪談」「日本」「天の河縁起その他」など
松江時代の行動歴
1890年(明治23年)
  • 8.30 汽船にて松江到着
  • 9.2 中学校へ初登校
  • 9.13 出雲大社訪問
  • 9.14 千家尊紀宮司と共に大社昇殿
  • 10月下旬~11月中旬 京店織原方に転居
  • 11月 一畑薬師参詣
  • 12.2 佐太神社参詣
1891年(明治24年)
  • 1月中旬 風邪でしばらく床につく
  • 1月下旬 セツが住み込み女中として世話にあたり、やがて事実上の結婚という関係に進展する。
  • 4月 中学校と再契約成立
  • 5.10 安来清水寺・雲樹寺(うんじゅじ)参詣
  • 5.26 普門院住職より橋姫伝説の怪異譚を聞く
  • 5.30 来松した井上円了と行動を共にする
  • 6.22 根岸千夫(たてお)(北堀町315番地)に転居
  • 7月中旬 玉造温泉を訪問
  • 7.26~8.10 大社・日御碕方面へ旅行
  • 8.14~8.30 伯耆・因幡方面へ旅行
  • 9月上旬 加賀(かが)の潜戸(くけど)を訪問
  • 10.26 中学校で最終授業
  • 11.15 多くの人々の見送りの中、松江を離れる
  • 汽船で宍道へ熊本着は11月19日

  • 松江城
  • 武家屋敷
  • 小泉八雲旧居
  • ぶらっと松江観光案内所
  • カラコロ工房
  • おもてなしガイドツアー
  • 企画展「ラフカディオ・ハーンとアイルランド:記憶のはじまり」 (Lafcadio Hearn & Ireland: The Beginning of Memory)

ページの先頭へ戻る